×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ☆クライスラー【300】
本文へジャンプ

 
 ◆ランキングTOP


 ◆メーカー一覧


 

 【クライスラー

 
・300
・PTクルーザー
・チェロキー
・グランドチェロキー
・クロスファイア
・ジープコマンダー
・ジープラングラー
・ボイジャー
・グランドボイジャー
・ワゴニア












  
  
       【クライスラー】

 
               【300】


       300 

300は、クライスラーの高級乗用車。クライスラーブランドで販売される「300M」の後継車種である。

2001年デトロイト・オートショーに50'sスタイルの「ダッジ スーパー 8 HEMI」コンセプトとして出展されたモデルを前身とし、2004年に、「クライスラー 300」として発売された。迫力あるスタイル、充実した装備にもかかわらず日欧の競合車と比較して安価だったことなどから大変な人気モデルとなり、旧ダイムラークライスラー、クライスラー部門の業績回復に貢献した。2006年のガソリン価格高騰によるトレンドの変化以降の販売は低調である。

デザインはジープ&トラックデザインの副社長、ラルフ・ジルによって行われた。リアに300Mの意匠の名残を見ることができる。また、1998年にデトロイトオートショーで発表されたクライスラーのコンセプトカー「クロノス」のグリルデザインが生かされている。プラットフォームは「クライスラー・LXプラットフォーム」と呼ばれるもので、メルセデス・ベンツ Eクラス(W210/S210)の構成部品が、リアサスペンションやトランスミッションなどに流用されている。後輪駆動を基本とし、トップグレードの300CにはV8「HEMIエンジン」が搭載される。

当初のグレードは、2.7リッターV6OHCエンジン(190馬力)の“ベースグレード”、3.5リッターV6OHCエンジン(250馬力)の“ツーリンググレード”、そして5.8リッターV8OHV「HEMI」エンジン(340馬力)を搭載する“300C”、の3種類であり、いずれもセダンであった。2005年2月、専用バンパーと20インチホイールを装備し、6.1リッターV8OHV「HEMI」エンジン(425馬力)を搭載した“SRT-8”が追加された。HEMIエンジンは、気筒休止機構(8気筒→4気筒)を採用しているため、6リッター前後の大排気量車の割には燃費がよく、2006年以降のガソリン価格高騰時にもそこそこの売り上げを見せた。




 【YAHOOオークションで探す】

 
 


 【300用パーツ】

 



    ★アメ車オーナーブログ★

 
 


  


【最新!情報関連ブログ】