×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ☆シボレー【アストロ】
本文へジャンプ

 
 ◆ランキングTOP 


 ◆メーカー一覧 

 
       

   【シボレー】  
 
・アストロ
・インパラ
・エクスプレス
・エルカミーノ
・カプリス
・カマロ
・コルベット
・サバーバン
・シェビーバンー
・タホ
・ブレイザー
・トラック系










 
       【シボレー】


                 【アストロ】


               

           asuto 


所ジョージ(もちろん所有していた)がネコ・パブリッシングの自動車雑誌「Daytona」で取り上げたことにより、1990年代前半より並行輸入が盛んになり、三井物産オートモーティブが窓口となって米スタークラフト社でカスタマイズされたコンバージョンバンを正規輸入。1993年からは当時、GM車のインポーターであったヤナセが正規輸入を開始し、一時は姉妹車のGMC・サファリを含めて年間1万台近くも輸入(大部分は並行輸入)されたこともあった。

1995年にモデルチェンジ後、米国仕様車の前照灯は上位・中位グレードは当時のシボレーのピックアップトラックと同じコンビネーションランプを採用した「シェビートラックマスク」[1]、廉価グレードと貨物車仕様は角形2灯を採用していたが、ヤナセと三井物産の正規輸入車は上位グレードにもかかわらずしばらくの間は並行輸入車との識別のため角形2灯[2]を採用していた。1999年モデルから正規輸入車もコンビネーションランプに変更され、人気に拍車をかけた。その力強いスタイリングはトヨタ・bB日産・エルグランドなどにも影響を与えたといわれている。

しかし、左ハンドルでしかもスライドドアが右側しかなく、日本で使うには不便であったことも事実である。のちにインポーターは日本GM、最終的にはスズキが担当した。



 【YAHOOオークションで探す】
 

 



 【アストロ用パーツ】

 



    ★アメ車関連ブログ★

 
 


  


【最新!情報関連ブログ】