×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★フェラーリ(348) 本文へジャンプ

 ◆ランキングTOP 


 ◆メーカー一覧  
 




【フェラーリ】
 
・348
・360
・512
・F355
・308
・テスタロッサ
・F430
・550マラネロ
・その他















        フェラーリ
   
           ◆フェラーリ348

       

フェラーリ348(Ferrari 348)は、イタリア自動車メーカーのフェラーリ社が1989年から1994年にかけて製造、販売したリアミッドシップエンジン・後輪駆動の2シータースポーツカーである。
1989年、フェラーリはフランクフルト・ショーにて「348tb」「348ts」を発表。それまでのフェラーリ・308/フェラーリ・328から全面的に改良されたその流麗なボディデザインは、前作に引き続きピニンファリーナの手によるもの。大幅にモダナイズされ、サイドの大型エアインテーク部分がテスタロッサ風のフィン付きにデザインされていた。テールランプもフェラーリ伝統の丸型4灯タイプから、テスタロッサ同様のルーバー越し異形タイプに変更されている。また、ヘッドランプは角型2灯式のリトラクタブルヘッドライトを採用している。348シリーズの最大のトピックは、ボディ構造の変更である。
フェラーリは長年、鋼管スペースフレームを基本骨格としていたが、348では一部に鋼管を残しつつもより一般的なモノコックフレームを採用していた。ただその影響か、フロント部分のシャシー剛性が不足していた模様で、特に初期モデルのドライバーからは「高速道路で車が真っ直ぐ走らない」といったクレームが多く聞かれた。このため代理店レベルで、ステアリングラックを重いものに交換する、フロント部分にストラットタワーバーを追加するといった対応を行っていたケースも多い[1]。フロント部分の剛性不足以外にも「オルタネーターの故障で車が動かなくなる」といったトラブルもよく報告されていた[2]。搭載されるパワーユニット「F119D」は90度 V8DOHC4バルブの構造を継承。ボア85mm×ストローク75mm、3,405ccまでスープアップされたそれはボッシュ社のモトロニックM2.5で制御され、最大出力300PS/7,200rpm、最大トルク33.0kg·m/4,200rpmを発生した。1990年末には制御システムをモトロニックM2.7に変更し、エンジン型式も「F119G」に変更されている。またGTB/GTS/スパイダーは改良エンジンが搭載され、320PS/33.0kg·mを発生するに至った。これは強化バルブスプリングや高圧縮化、エキゾースト系の取り回しの変更などによるものである。また、348シリーズはエンジンの搭載方法が変更されており、308/328が横置き式だったのに対し縦置き式に変更、重量バランスの最適化が図られていた。また、トランスミッションは横置き式が採用されている。「348」の車名は308/328と同様、排気量約3,400cc・8気筒のパワーユニットを搭載していることに由来する。そして、それに続く「t」は前述の横置き式トランスミッションであることを意味する「transverse」の頭文字であり、「b」はベルリネッタ、「s」はタルガトップモデルを意味している。
日本には1990年に正式輸入が開始された。当時の販売価格は1,650万円。
        
【YAHOOオークションで探す】

  



 【348用 パーツ】

  



 ★「フェラーリ」オーナーブログ




  


【最新!情報関連ブログ】