×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

★ランチア【テーマ】 本文へジャンプ

 ◆ランキングTOP 


 ◆メーカー一覧  
 



【ランチア】
 
・テーマ
・デルタ
・イプシロン













        【ランチア】 

            
           【テーマ】

        

     tema 


ランチア・テーマLancia Thema )は、イタリアの自動車会社ランチアが製造していたFF方式の乗用車。テ
ーマはベータ(β)とガンマ(γ)の後継車種として、当時需要が高まってきた中上位クラスを担う目的で、後述する「ティーポ4プロジェクト」の一貫で企画・開発された。1984年に4ドアセダン型から発売、1986年にはステーションワゴンを追加。
「ティーポ4(クアトロ)プロジェクト」はデザインスタジオ、イタルデザイン・ジウジアーロの主導により、ランチア、フィアットサーブアルファ・ロメオの4社が開発コストの圧縮目的で、中型セダンの共通プラットフォームを共同開発したプロジェクトである。産物はテーマと、フィアット・クロマサーブ・9000アルファロメオ・164の4車種で、エンジンを含む半完成状態のドライブトレインをサブフレームごとボディ下側から組み付ける現在の標準的技法により、大幅な生産合理化を目指した。
公用車市場にも受け入れられ、セダンの後席を延長したストレッチリムジンも要人向けに極少数が製造された他、ワゴンがピニンファリーナによって量産された。
商業的成功も納め、特にイタリアでは"L'Auto dei Signori(紳士のクルマ)"と呼ばれ絶大な人気を博した。1994年に後継のカッパ(κ)に交替するまで10年間作り続けられた。
        


 【YAHOOオークションで探す】
 
 



 【テーマ用 パーツ】
 
 





 ★ランチアオーナーブログ





  


【最新!情報関連ブログ】